ホーム  >  浴室内のカビの除去方

害虫大撃退
カビの被害が一番多いのは浴室

住宅においてカビの被害が一番多いのは浴室です。浴室の壁や腰壁には、タイルがよく使われ、その目地が黒くかびる現象をよく見かけます。生えてしまったカビは、殺菌して取り除く以外に方法はありません。

近年、カビ取り剤として多種多様な製品が販売されていますが、それらの多くは次亜塩素酸ナトリウムという物質が主で、殺菌と同時に強い漂白作用を持った薬品です。また、除菌剤として販売されているのものには、ほどんどアルコールが使われています。

ですからカビ取り剤でなくても、次亜塩素酸ナトリウムを含んだ漂白剤や消毒アルコールで十分なカビ取り効果が期待できます。この塩素系カビ取り剤や漂白剤は、皮膚に付いたり吸い込んだりしないように手袋やマスクをして、窓を開けた状熊で使用してください。

カビの生えたところに塗布しても、しばらくはそのままにして、カビが死ぬまで数分間は洗い流してはいけません。カビは1~2週間でまた黒ずんで汚れてきます。これ以上、長持ちさせたい時にこは、漂白した部分をよく乾燥させてから、市販の防カビ塗料を刷毛で目地に塗ります。

一度の防カビで少なくとも2~3年やらないで済ませることを希望する方は、防カビの専門業者に依頼するのが賢明です。塩素系の薬品が使用できない部分には消毒用アルコールを刷毛や塗装用のローラ-で塗布しカビを殺します。一度では不十分ですから、この操作を数度繰り返します。この場合も換気を十分に行い、同時に火気に注意を払うことも忘れないでください。

ページトップへ