ホーム  >  ダニ・カビの清掃術

害虫大撃退
ダニ・カビを退治する超掃除術

ダニ・カビを退治する超掃除術をご紹介します!
赤ちゃんがハイハイし始める9~10カ月から、ハウスダスト・ダニなどをアレルゲンとする割合が高くなる等と言われています。
アレルゲンに触れることでアレルギーの感作や発症が起こることを考えると、室内環境はとても大切です。

ダニの多いところにはハウスダストも多い!
家の中のホコリは、ハウスダストと呼ばれ、ぜんそくなどのアレルギーを起こす原因です。
では、ハウスダストはどのようにしてできるのでしょう?
ハウスダストの生産者は、室内にいるあらゆる生物で、とくに人間やペットが最大の生産者です。 その成分は、体から出るアカ、フケ、髪の毛、衣服から出る繊維、ペットの毛、カビ、ダニのフンなどさまざまです。
特に近年、住居の高密化が高まり、湿気が逃げにくい環境になってきていて、ダニやカビが繁殖しやすくなっています。
ある調査によれば、「ダニの多いところには、ホコリも多い」と報告されていますので、きちんと掃除をすることを心がけて下さい。

夏の時期や温かい季節 温度と湿度に注意!
人間にとって快適な住まいは、ダニやカビにとっても快適なのです。
そうした中で、ダニやカビだけを退治するためにはどうしたらいいのでしょうか。
ダニは、温度20~30℃、湿度65~85%が繁殖条件です。6~8月が繁殖のピークになります。
対策としては、まず、 夏は湿度を下げること。
気温も湿度も高いときは、エアコンのドライ運転をすると効果的に除湿することができます。この際、エアコンはカビの発生場所となりやすいため月1回以上フィルターを掃除しましょう。
また、ダニだけでなく、ダニの破片や死骸、フンも強力なアレルゲン。
ダニをホコリごと除去することが通年、必要になってきます。

ページトップへ