ホーム  >  光が嫌い

防犯対策

<<侵入者は光が嫌い>>

は、昼の太陽の光ではなく、夜に使用するライトの事です。を当てられることで、人目につきますし、影により、存在がばれてしまうためです。また、部屋の明かりがついているという事は、住民が家に居る事を示しているので、大変重要です。

【光の参考例】

玄関の外灯
夜中は外灯をきってしまったりする家が多いですが、出来れば常に点灯させておく事をお勧めします。また、外出・旅行等の場合も同じです。現在は、暗くなると自動的に点灯するライトもあります。これなら、たとえ旅行や長期の外出に行っていても、暗くなると点灯するのでお勧めです。

庭・ガレージの外灯
玄関は外灯がついている場合が多いのですが、庭やガレージにも、ライトつけることをお勧めします。最近では、[人体感知ライト]が、比較的安価で購入できます。
これは、人が通った時にセンサーが反応して明かりを照らすので、侵入者には効果的であると同時に常にライトを点灯させ無くてもいい場所に使用できるので、便利です。

部屋の明かり
部屋の明かりは、外の者に、家人の存在を知らせる一番いい方法です。
旅行中、一つの部屋の電気をつけておくだけで、[留守]である事が、侵入者に悟れずにすむ場合があります。

ページトップへ