ホーム  >  バールでの進入

防犯対策

<<ピッキング以外の侵入法>>

侵入経路は、すべてがすべて、ピッキングだけとは限らないのです。
他の侵入経路はどんなものなのでしょうか??

特に休暇中の事務所など、人目につきにくいドアを開ける際、かならずしもピッキングという手段ではありません。(現在では、ピッキングに強いカギに交換する家も増えてきたので。)
実力行使ですが、バール等でこじ開けるという被害も多発してます。

これは、ドアとドアの枠との隙間が4~5ミリ開いていたら要注意です!
この隙間に、バールなどを差込み、テコの原理でこじ開けます。
この、実力行使での侵入を避けるためには、ドアプレート等で、カギの部分の隙間を隠してしまう事が一番効果的です。
ドアプレートはDAYSHOPなどで手に入りますし、ネジで簡単に設置できます。

ページトップへ