ホーム  >  シミ抜きのイロイロ

TOP > 住まいの安心生活 > らくらく大掃除
洗濯 -シミ抜き方法-
<泥はね>
取り方としては、まず乾かすことで、慌てずに自然乾燥を待つか、あるいはドライヤーを使うと便利です。完全に乾いて、ドライヤーを使ったときはその暖かみが冷えたところで、シミの部分を指先でもむと汚れの大部分が落ちます。 それでもまだ残っているときは、中性洗剤を薄めた液をタオルにつけ、堅くしぼったものでたたいて取ります。 下側に敷いた乾布に、たたいて移し取ります。なお、そのあとぼかして、さらに乾いたタオルで、シミが流れないようにたたいて乾かせば完全です。

<しょうゆ・ソースのシミ>
①水で堅くしぼったタオルでたたいて取ります。
②微温湯を使って同じ要領で取ります。
③今度は中性洗剤を使って取ります。
④アンモニア5パーセント液を使って同じ要領で落します。
この順序を守って落すことがコツで、最初から中性洗剤を使うと、却って落ちない部分が残るので注意してください。 材質としては、絹、毛、木綿、化繊いずれでも同様です。

<お酒のシミ>
お酒の主成分はご存知のとおりアルコールです。 そこでアルコール10%液をつくり、シミの部分をたたいて取ったあと、水で堅くしぼったタオルでたたいて仕上げます。さらに、裏表に乾布かチリ紙を敷き、重しをして乾かせば万全です。

<たれ(肉汁)のシミ>
たれのシミには脂肪が含まれているので、ブラシにベンジンをつけて、シミの部分を軽くたたいて、まず脂肪分を取ります。このベンジンが蒸発した後に、残っているたんぱく質を、洗剤または石鹸液を使って落せばきれいになります。

<カレー汁のシミ>
水あるいは微温湯に洗剤を溶かし、ブラシなどでたたいて取ります。それで取れない部分は、市販のアルコール10~20パーセント液を使います。なお取りきれない場合はシンナーで・・・・。

<汗じみ>
このシミもついてすぐとか、1日位のうちでしたら、家庭でお使いの酢を2倍に薄めて霧吹きで吹きつけるか、タオルにしめらせてたたくかすると、酢に溶解しますので、そのあと水を吹きつけてたたけば、きれいになります。 日が経った古い汗じみは、メチルアルコールを倍に割った液にしめらした後、残った色素をオキシフル10パーセント液で酸化漂白すると、きれいになります。

ページトップへ