ホーム  >  香典の相場

TOP > 住まいの安心生活 > 冠婚葬祭マナー
葬儀 -香典のマナー-
<香典の金額の目安>
多すぎるとかえって遺族に気を遣わせることになり、少なすぎても失礼です。ここでは、あくまでも目安ですが相場をご紹介します。勤務先などでは1人1,000円くらいでも連名で包めば良いでしょう。
贈る相手 贈り手のあなたの年代 地域
20代 30代 40代 関東 関西
勤務先の上司 3,000 5.000 10.000 10,000 5,000
勤務先の同僚 3,000 5.000 5.000 5.000 5,000
勤務先社員の家族 5,000 5.000 5.000 5.000 3.000
祖父母 10,000 10,000 20.000 10,000
両 親 10.0000 100,000 100.000 100.000
兄弟・姉妹 50.000 50,000 30,000
おじ・おば 10,000 10.000 10,000 10.000 10.000
友人・知人 5.000 3.000 10.000 5.000
隣近所 3,000 5.000 5,000 5.000

※故人に対して包むと同時に残された遺族への励ましや援助の意味もある。
※宗教によって表書きが違うので注意が必要。

[平成10年度三和銀行調べ。最多回答額]

<香典の表書き>
宗教によって表書きが異なります。葬儀は仏式で行われることが最も多いのですが、神式キリスト教式で行われることもあります。神式の場合は「御神前」「御玉串料」などが用いられ、キリスト教式では「御花料」「御ミサ料」が用いられます。「御霊前」は一般的には仏式の場合に用いられる表書きですが、模様のない不祝儀袋なら宗教が異なっても「御霊前」の表書きを用いることができます。 中袋の裏には住所・氏名を忘れずに記入。金額も書いておきます。

<香典を連名で贈る場合>
上位の人が右側になるように書き、人数が多くなる場合は代表者の名前を書き、その左に「外一同」または「〇〇課有志」などとして、別の半紙に全員の名前を書き中包に入れます。

<葬儀に参加できない場合>
何かの事情でお葬式に出られなかった場合は、代理人に名刺を持たせて参列させるか、後ほど手紙を添えて香典を郵送します。その場合、不祝儀袋に包んだうえで現金書留にしてお届けします。式の後にお悔やみに出かける場合もあります。

ページトップへ