ホーム  >  1Rのコーディネイト

一人暮らしの平均的なスペースは、1部屋+キッチン、バス・トイレ。その中に、ベッドやテーブルなどの家具と、衣類や本・雑誌類生活するためのすべての家電をおさめないといけません。快適な空間をつくるには、レイアウトを知ることが大切です。

タイプ1

タイプ2

一人暮らしの部屋づくりは、かなり高度なテクニックが必要です。基本となるのがインテリアの配置のテクニック。インテリアは、窓や戸、収納などの条件に左右されるので、2つの異なるタイプの間取りから配置してみました。平均的な暮らしに必要なものとしてベッド・オーディオ・棚・テレビ・テーブルなどを配置してレイアウトを考えてみましょう。もちろん、暮らし方や持ち物の量によって、使う家具の大きさや数は違ってきますのでバランスなどを考えてアレンジしましょう。

インテリアのレイアウトは、人の動きの流れが短くてすむことがいちばんの基本になります。家具をよけたり動かしたりしないと歩けない、部屋のドアやクローゼットの扉が十分に開かない、というのはもってのほか。
窮屈な感じがしたり、イライラしたりして、くつろげない部屋になってしまいます。また、物があちこちに分散して、人の動きの流れがめちゃくちゃになってしまうレイアウトもだめなのです。

スペースのむだが少なく、人の動きの流れをスムーズにするには、家具を壁につけて置くのがベスト。空間は細長くなればなるほど使いづらく、狭く感じることが多いので、レイアウトの基本は正方形のスペースを残すことです。
部屋を広く見せるポイントは、部屋に入ったときに視線をさえぎるものがない方が良いでしょう。すっきりとした壁面を作るだけでも、部屋を広くみせる効果があるのです。
しかし、このレイアウトはどんな配置にも応用がきくのですがひとつ問題があります。それは、正方形のスペースを残すには、窓や押入れの前に家具を置かなければならないということです。限られた空間で広さを優先するなら、使い勝手の悪さは工夫でカバーしましょう。

基本となる「正方形のスペースを残す」がマスターできたら、次にステップアップしましょう。
STEP2は部屋を仕切ることで「先に何かある」と思わせ、奥行きを感じさせて広さを演出しようというものです。中央に空間を残すというSTEP1に比べると、人の動きの流れが長くなり、デッドスペースができることもありますが、変化のあるインテリアが楽しめるレイアウトといえます。

今回の レイアウトのポイントは「ゆるやかな間切り」というところ。狭い部屋を完全に仕切ってしまうと、より狭い空間が2つできるだけ。仕切りはあっても部屋全体の空間を感じさせることが大切です。
間仕切りとして、オープン棚やワゴンを配置することで、高さの割に圧迫感がありません。また、目線よりも低く、見せたくないものは隠してくれるワゴンも、狭い部屋の間仕切りにおすすめです。
またコーナーに分けることで、それぞれのイメージが明確になり、インテリアをまとめるメリットも。

次のSTEPは、「広く見せたいときは低く暮らす。」をポイントにおいてレイアウトしましょう。部屋にいるときは、ほとんど床に座ることになるので、インテリアは座った状態の目線が基本になります。家具の高さやディスプレイなどは座った視線でチェックしましょう。

低く暮らすスタイルの部屋は、見た目に広く感じるばかりでなく、椅子などの家具を減らすことができます。テーブルは脚を折りたためるタイプに、ベッドも布団にすればもっとスペースに余裕ができ、有効利用できます。
また、ベッドをマットレスにすることで、昼間はクッションを置くなどをして、ソファ代わりにもなります。
マットレスの頭側にはオープンラックを置いて、細々した小物類を収納するのに便利です。このスタイルは和やアジアン風になりがちなので、軽さを出すために、ガラスやアルミ物などをあわせるのもポイントです。

STEP1やSTEP3のように背の高い家具を 少なくし、床面を見せるレイアウトは横の広がりを感じさせるレイアウトとなっています。
STEP4ではそれとは、逆で、高さのある家具を配置することによって、縦の広がりを感じさせるというテクニックをご紹介します。

背の高い家具を置いた部屋では、自然と視線の位置が高くなり、インテリアにメリハリが出るため、空間に程よい緊張感がでてきます。
ポイントは、背の高い家具の選び方です。圧迫感のないオープン扉の家具、淡い色の家具、細い脚つきの家具など、すっきりして見えるのでおすすめです。
また、圧迫感の少ないオープンラックなどは物を詰め込んでしまわずに、収納スペースがダウンした分、ベッド下などの隠せる部分をしっかり有効利用しましょう。

ページトップへ